菊花賞’16 結果分析

SS様 「結局、サトノダイヤモンドの勝因は何だろうなあ?」
まっく 「去年、ブラックタイド産駒が勝ってるので、あれだけ産駒数が多ければいつかは勝利するってことでしょう」
SS様 「あとは、母の父がオーペンってことか」
まっく 「ルアー産駒で、2歳夏の1200しか勝ってないので早熟のスプリンターと思われてんでしょう、ところがマルペンサは1800や2000のG1を勝ってるのですよ」
SS様 「池江先生もこの距離は長すぎ、次は香港カップかもって言ってたからね」
まっく 「絶対能力で勝ったということでしょうね(他が弱かった)」
SS様 「レインボーラインが穴をあけたわけだが」
まっく 「ここ数年の上位馬は2200m以上の距離を使ってきた馬ばかりだったですが、2006年までは神戸新聞杯が2000mだったこともあって、札幌記念から使ってくるというパターンがありましたし、そこでモーリスに食い下がり、ヌーヴォレコルトに先着したわけですが」
SS様 「3着がエアスピネル」
まっく 「引っかかった引っかかったと言われてますけれど、内へ潜り込んで最短距離でなんとかしようとしたさすが豊さんですわ、これを内枠の馬がやらないといけなかったのですが」
SS様 「ディーマジェスティが4着」
まっく 「典型的両雄並び立たずでした、スタミナはこっちのほうがあるはずなんですが、初の上洛が堪えたのやら」
SS様 「ミッキーロケットは5着」
まっく 「キングカメハメハ産駒だけに届かなかったのでは」
SS様 「シュペルミエールは6着、カフジプリンスは8着」
まっく 「内枠だけにパックされる危険性もあれど、内へ入っておかないと、大外ぶんまわしではサトノダイヤモンドに勝てないでしょうに」
SS様 「レッドエルディストは9着」
まっく 「加速力がないという、ロブロイ産駒には結構ジリっぽいのが多いですね」


菊花賞’16 展望

SS様 「予想通り、大阪杯がG1昇格することになったが」
まっく 「これでG1勝利数が1つ増えると」
SS様 「過去に遡るってことはない、ステイゴールドのドバイシーマは翌年からの昇格だから申請しようとすればできたけど」
まっく 「24年も経っていればダメか」

SS様 「さて、マカヒキがいなくとも出走馬の半数がノーザンファーム生産という」
まっく 「社台と白老が2頭ずついるから合計13頭、7割以上」
SS様 「で、ディープインパクト産駒もキングカメハメハ産駒も2600m超えるとまだ勝っていないのだが」
まっく 「全兄のブラックタイド産駒が去年勝ちましたし、2着3着は山ほどあるのですが」
SS様 「キングカメハメハ産駒のほうはスタミナ勝負になると辛いだろうなあ」
まっく 「上がり600m最速でないと勝ちきれないのですが、4コーナー最後方では勝てないのですよ」
SS様 「本来は先行馬なんだけど、エアスピネルの神戸新聞杯の位置取りでは難しいなあ」
まっく 「ましてや7枠となると、来たらごめんなさい、豊マジックと言うやつです」
SS様 「人気のディープ産駒は斬り捨てるの?」
まっく 「流石に馬群に沈むというのは考えづらいです、2着3着という可能性は高いのでは」
SS様 「ある意味、軸ということか、では、勝つかもしれない相手は?」
まっく 「前走、4コーナー後方にいた馬、乗り替わりの馬、前走惨敗の馬を消してゆくと、残ったのがカフジプリンス(これも神戸新聞杯4着なので微妙)、プロティガルサン(去年の2着馬の全弟だけど外枠)だけ」
SS様 「もう少し枠に余裕をもたせたら?」
まっく 「シュペルミエール、後方からだけれどレッドエルディスト、キングカメハメハ産駒だけどミッキーロケット」
SS様 「まとめると」
まっく 「軸がディーマジェスティとサトノダイヤモンド、相手がカフジプリンス、シュペルミエール、レッドエルディスト、プロティガルサン、倍率次第でミッキーロケット、馬連でもワイドでもお好きに」

追記
SS様 「プロティガルサンって、輸送に弱いらしいよ、関東馬で初上洛だし」
まっく 「先週、ビッシュがああいう結果になったし、あれは牝馬だけと見切って無視できるかな?評価を下げたほうがいいのかも」

秋華賞’16  展望

 べが 「さあ、淀にG1が戻ってきました」
ほべが 「淀殿をなんとかしないとねえ」
 べが 「真田丸の話はここでしない」
ほべが 「シンハライトが故障したので何が来るかわからないようになったね」
 べが 「彼女が無事なら相手探しだっただけでは」
ほべが 「じゃあ、本命はビッシュ?」
 べが 「レースレベルが上がったとは言え、紫苑ステークス組は割り引いて考えたいし、関西遠征したことすら無い馬がここ10年は馬券に絡んでないのよ、BOXの対象だけど」
ほべが 「ヴィブロスは?」
 べが 「わざわざ関西馬が紫苑ステークス使ってどうするんだろうかって感じ、関東馬がダービートライアルに京都新聞杯使うようなものでしょう、これもBOXの対象だけど」
ほべが 「パールコードは」
 べが 「紫苑ステークスで不利があったけど、これも上京したのが?」
ほべが 「ジュエラーは?」
 べが 「ローズステークスが惨敗だったとは言え、重馬場だから一変ということもあるし、ミルコ鞍上だから、来ればあっさり、来なけりゃ惨敗と」
ほべが 「レッドアヴァンセは」
 べが 「エリモピクシーの一族ってG1で勝ちきれないし、1600m向きじゃないの?」
ほべが 「穴は?」
 べが 「ミエノサクシード」
ほべが 「菊花賞ではよくある9月阪神の1000万条件戦を勝ち上がっての本番好走パターン、旦那のサトノダイヤモンドより先に勝ってしまうかも」
 べが 「あとは、ダンスパートナーちゃんが亡くなったでしょう」
ほべが 「彼女の産駒は出てないでしょう、あ、全妹(ダンスインザムード)の娘のカイザーバル」
 べが 「エンパイアメーカーがどうかと思うけど、フェデラリストのと同じ配合だし」
ほべが 「ということは、ビッシュ、ヴィブロス、ジュエラー相互とそこから薄めにミエノサクシード、カイザーバルへ」

more...

競馬雑談(その101)

SS様 「大阪杯のG1格上げの件から」
まっく 「先月末のサンケイスポーツに掲載された記事ですね」
SS様 「産経の名前を外すことへの詫び掲載とか言われてるなあ」
まっく 「マイルカップとかフューチュリティステークスとか、マスコミ企業の名前の付いたG1レースはありますし、海外だってレーシングポストトロフィーなんてありますけれどね」
SS様 「で、かねてから大阪杯格上げに反対の水上学氏は始動が早くなって真冬からレースすることになると批判しているけど」
まっく 「大阪城ステークスあたりに重賞を回してくるか中山記念から始動するから、そう早くからってことは無さそうと思うんですけれどね」
SS様 「AJCCから使い詰めで一度休ませてから宝塚記念~札幌記念~天皇賞という路線もあるだろうし」
まっく 「それよりも同じ時期にドバイターフ、クイーンエリザベス二世カップがあるから、そっちへ行ってしまう可能性もあるでしょうよ」
SS様 「そこで野元賢一氏が主張するのが12月28日開催に大阪杯を回すという憶測」
まっく 「有馬の後に開催するとか、平日開催してどうするんだってことでしょうけど」
SS様 「長距離嫌いのあのひとだから、4月においても12月においても春の路線がおかしいのは変わらないから天皇賞を短縮しろって持論だろ」
まっく 「まあ、あの人の血液は青いでしょうから」
SS様 「地球人じゃねえと言いたいのか」
まっく 「長距離が衰退してるって1970年代からずっと言われてる意見ですし、マカヒキの凱旋門賞惨敗の一因にスタミナ不足ってのがあるのに、大体メルボルンカップはどうなんですかね」

SS様 「で、9月分の重賞勝ち馬についてはどうするんだ」
まっく 「それは後日書き足しで」

競馬雑談(その99)  凱旋門賞展望 

SS様 「ノーザンファームの何が何でも凱旋門賞ってのもね」
まっく 「ダービー勝ったら即、凱旋門賞ってのが」
SS様 「菊花賞の価値が下がるってか」
まっく 「元々イギリス馬をセントレジャーよりこちらへ来させようって魂胆だし、ロワイヤルオーク賞はこのレースのために価値が下がって古馬混合になったんだから」
SS様 「で、勝てるのかね、マカヒキは」
まっく 「勝てるかもしれない、無様な負け方(一昨年のゴールドシップのような、あれはやる気を無くしてたけど)は無いでしょう」
SS様 「でも勝つのは別の馬だと、ポストポンドかい」
まっく 「デュラメンテに勝ったくらいでは決して強いとも言い難いので」
SS様 「じゃあ、何?」
まっく 「ファウンド」
SS様 「連続2着なのに?」
まっく 「トレヴとかソレミアのイメージがない?」
SS様 「オルフェーヴルが負けたときを想像してるな」
まっく 「そいつが一番怖いんだよ」

スプリンターズステークス’16 展望(仮)

SS様 「で、本命は?」
まっく 「ここはBOXで」
SS様 「候補は?」
まっく 「ビッグミリオンアーサー、ダンスディレクター、レッツゴードンキ、ネロ」
SS様 「内枠の3歳馬総切り捨てか?」
まっく 「それと、短距離だと信用がないディープインパクト産駒と中山1200でイマイチなバクシンオー産駒も評価を下げると、ビッグアーサーが抜けた本命でない理由です、ウリウリも弟がシャンティーを走るのに呼応したら面白いのですが」
SS様 「心情的な本命は」
まっく 「ネロ」
SS様 「そうくるか、この中では一番人気無いしな」
まっく 「あとは一族にニシノフラワーがいますし」

宝塚記念’16 展望

SS様 「上半期もこれで終了なのだが、ドゥラメンテが人気しているがどうなの?」
まっく 「この馬、1600から2000までのほうが最適だと思うんですよ、まあ、キングカメハメハ産駒だから、馬場が渋っても大丈夫だし、200m延びたくらいで惨敗まではしないと思います」
SS様 「キタサンブラックは」
まっく 「今回も内枠から先行して粘りこみを図るでしょう、馬群に飲まれて惨敗ってことはないと思います」
SS様 「で、本命は?」
まっく 「サトノノブレス」
SS様 「大穴だな、G3大将だぞ」
まっく 「そういう勝ち切れない馬がやっとG1を制するのが宝塚記念ってよくあるパターンじゃないですか」
SS様 「どうせメジロ牧場生産だからと思ってたが、他には」
まっく 「区別がつかないアンビシャスとステファノス」
SS様 「他には」
まっく 「調子がようやく戻ってきたトーホウエジャッカル、あっさり連覇のラブリーデイ、今回も人気がないカレンミロティック、こちらはベリー騎手なんで2着まで」

安田記念’16 結果分析

SS様 「先行して大名マークから直線に入って交わすという横綱相撲をやったわけで」
まっく 「普通なら勝ってるところだったのですが」
SS様 「逃げたロゴタイプをかわいがりすぎたと」
まっく 「スローペース確実なんで逃げるかもとは言われてましたが」
SS様 「モーリスは3コーナーまでにロゴタイプを交わして自分が逃げる手もあったのでは」
まっく 「その辺が大きいところ勝ててないベリー騎手の弱点では」
SS様 「フィエロが3着」
まっく 「モーリスを交わせそうで交わせない、ブチコがまたやらかして、ルメールが骨折して乗り替わりましたが、誰が乗っても勝ち切れないのでは」
SS様 「中島国治さんがご存命なら、サンデーサイレンスの血が飽和して、勝利の意思を持たないんだと書くところだな」
まっく 「G1を複数勝利しているディープインパクト産駒って大体牝馬ですし、大昔から母系にセフトが入ってるのが走るとか言われてましたが」
SS様 「黄金配合は母系にヘロド系が入るというのは一理あるんだけど、で、サトノアラジンは4着」
まっく 「前々走のダービー卿チャレンジトロフィーでロゴタイプに先着されているってのを忘れてましたね」
SS様 「ロサギガンティアは9着」
まっく 「出負けしてそのままだったと」
SS様 「リアルスティールはブービー11着」
まっく 「全く伸びてないし、1600は忙しいのでは?」

安田記念’16 展望

SS様 「モーリス一本かぶりと」
まっく 「去年、勝ってますし、鞍上が気になる他は大丈夫と思いますが」
SS様 「他は?リアルスティールは」
まっく 「福永騎手はこの距離だと大丈夫と思いますが、もう少し距離がほしい、2000mが最適では?」
SS様 「サトノアラジンは?」
まっく 「里見オーナー、池江厩舎の組み合わせは、前哨戦だけ強いというイメージ、サトノノブレスも宝塚ではどうでしょうか」
SS様 「イスラボニータとロゴタイプは」
まっく 「まとめて切っちゃいましょう」
SS様 「ロサギガンティアは」
まっく 「藤沢先生がさほど強気でないのと、1400が最適では?」
SS様 「フィエロは?」
まっく 「まだ重賞勝ってないんですよ、2着、3着はありそうですけど」
SS様 「ディサイファは?」
まっく 「前走が日経賞というのは長過ぎましたが、これも2000m得意なので、連下まで」
SS様 「本当の相手は?」
まっく 「リアルスティール、フィエロ、ロサギガンティアで」

東京優駿’16 結果分析

SS様 「見事なまでにディープインパクト産駒の1-2-3」
まっく 「東京2400がディープインパクト産駒の庭なのはわかってたけど、ウリウリの全弟が勝てるとはねえ」
SS様 「さすがにウリウリの全弟だから菊は無理、海外もないってオーナーは明言したね、秋は天皇賞からJCターフ、あるいはマイルチャンピオンシップか」
まっく 「母の父がサクラバクシンオーでも春天勝ったのがいますけれど、ダービー馬が高松宮記念に出るという可能性もあるんですか」
SS様 「ナリタブライアンが出たじゃないか」
まっく 「あっちはステイヤー配合でしょうが」
SS様 「1着馬と2着馬の差って、どこにあったんだろうか」
まっく 「落鉄と枠順なんでしょうが、落鉄がなく、枠順が逆でも同じ結果だったかもしれません」
SS様 「あと、オーナーの勝ち運のなさか、もっと出るスロット造れ!(それは警察がうるさい)」
まっく 「金子さんは牡馬牝馬ともに三冠馬のオーナーですから」   
SS様 「ディーマジェスティの3着は」
まっく 「皐月賞はすっぱり届いたけれど、ダービーは少し前へ行かれてた、それにノーザンファームがダービーだけ特別な感じで仕上げたところがあるのでは」
SS様 「ディープの産駒ってそういうところあるからなあ、秋はどうするんだろうね」
まっく 「まだ未定(どうやら上洛(菊花賞)とのこと)」
SS様 「エアスピネルは4着」
まっく 「一族の勝ち運のなさ、キングカメハメハ産駒ってのが出たのでは」
SS様 「リオンディーズは5着」
まっく 「キングカメハメハが出たというよりも、皐月賞で前へ行ったらダメだったので、今度は後ろから行ってみたら前有利だったというババ踏んだパターン」

東京優駿’16 展望

SS様 「リオンディーズ、マカヒキ、サトノダイヤモンドにディーマジェスティを含めた四強と言われているわけだが、本命は?」
まっく 「ノーザンファーム生産馬じゃなくて、ディープインパクト産駒じゃなくて、秋は凱旋門賞と無茶言っているのを除いた馬」
SS様 「主観と僻みしかねえじゃないか、まじめに答えろよ」
まっく 「もう一回、リオンディーズ」
SS様 「キングカメハメハ産駒だよ、距離伸びてどうなの」
まっく 「デュラメンテが勝ってますし」
SS様 「外枠だよ」
まっく 「6枠ぐらいなんとかなるでしょう、8枠だと怪しいです、そこから勝てるのはトウカイテイオーくらいなんで」
SS様 「相手は?」
まっく 「スマートオーディン、京都新聞杯組は未知の魅力がありますし」
SS様 「共同通信杯でディーマジェスティに負けてるけど、他は」
まっく 「ヴァンキッシュラン、青葉賞組ですから2着まで」
SS様 「大穴は」
まっく 「マイネルハニー、1枠ですんなりというパターンで」

優駿牝馬’16 展望

 べが 「ジュエラーもいない、メジャーエンブレムもいない、押し出されるように一番人気になるシンハリーズ」
ほべが 「で、池添くんがまた2着」
 べが 「じゃあ、本命は」
ほべが 「ロッテンマイヤー」
 べが 「この作者は好きそうだもんねえ、リアルで見てたから」
ほべが 「でも、クロフネ産駒が2400mをこなせるの?」
 べが 「オークスって、スタミナ型より、絶対能力がモノを言うれーすだし」
ほべが 「年によってはナナヨーストームみたいなスタミナ型が来るんだけどね」
 べが 「でも、この娘、お母ちゃんを呼び捨てにしてノイローゼにしてしまうってことね、じゃあ、チェッキーノは?」
ほべが 「コディーノの妹だから、早熟気味だし、距離伸びてどうかなと思うけど、ロッテンマイヤーが来るなら来てもおかしくはないんじゃ、というか、穴馬が思いつかないのよ」

ヴィクトリアマイル’16 結果分析

 べが 「レッドリヴェールが引っ張ってくれたのが勝因かもね」
ほべが 「どんじり人気だし、鞍上が若い石川騎手だから、須貝調教師も思い切って逃げさせたんでしょうね」
 べが 「スマートレイアーは機先を制せられたってところもあるのかなあ」
ほべが 「4コーナー回った時に一旦先頭に立つんだけど、坂の途中で差されて4着」
 べが」「勝ち馬は中団から抑えられない勢いで飛び出してきたわけだけど」
ほべが 「人気落とした唯一と言っていい理由が7歳以上は連対したことがない、というか、7歳以上の牝馬はG1を勝ったことがないと言われてたし」
 べが 「普通、繁殖入りするからね、私はドバイに7歳で行ったのだけどね、それと前走がいいところなしだったし」
ほべが 「このレース、リピーターが多いので有名で、ストレートガールも3→1→1と来てるのだけど」
 べが 「ミッキークイーンとショウナンパンドラが2着と3着を分けたのは、とったコースの差なんでしょうね」
ほべが 「どっちも実力でそこまで来たけど、やはり1600mは短すぎたのでは、5着のルージュバックも距離ね」

ヴィクトリアマイル’16 展望

 べが 「2000m以上のレースと勘違いしそうなメンバーですね」
ほべが 「使うところないからね、女王杯と入れ替えたらと思うけど、それじゃあマイルチャンピオンシップが手薄になっちゃう」
 べが 「で、本命は?」
ほべが 「スマートレイアー」
 べが 「相手は?」
ほべが 「人気どころでもいいけど、穴っぽくウインプリメーラ、ウリウリ、ストレートガールとかは?」

マイルカップ’16  結果分析


SS様 「一見、人気で決着したと見えるが」
まっく 「メジャーエンブレムが一気に出たところで主導権握ってしまいました」
SS様 「シゲルノコギリザメなんか逃げることができず、後ろをついていって直線ズルズル後退のどんじり負け」
まっく 「だからと言って、先行有利のレースじゃなかったんですけどね」
SS様 「中団から後ろにいた連中が一気に追い込んでくるという東京のレースでよくある展開」
まっく 「レインボーラインにはびっくりしましたけど」
SS様 「ニュージーランドトロフィーでは大きな不利食らってたけど、それで人気下げてたからな」
まっく 「4着、5着がダンツプリウス、トウショウドラフタと狙い通りにきてるだけに」
SS様 「そしてロードクエストが2着、というより、池添騎手がまた2着」
まっく 「皐月賞は距離の壁だったんでしょうか、またダービーに行きそうな気がしますが」

マイルカップ’16 展望

SS様 「荒れるところで、桜花賞、皐月賞で人気を裏切った組が人気になっていると」
まっく 「裏街道経由の藤沢血統の馬が3番人気だし(前日最終倍率)」
SS様 「本命は?」
まっく 「トウショウドラフタ」
SS様 「今はなきトウショウ牧場だからか、この作者が好きそうなパターンだ」
まっく 「課題は200mの延長でしょうね、2000m以上ではあまり考えることはないのですが」
SS様 「相手は?」
まっく 「何が来るかわからないですから、人気、穴、適当にロードクエスト、メジャーエンブレム、ダンツプリウスへと」

天皇賞(春)’16 結果分析

SS様 「いやあ、モーリス強いなあ」
まっく 「4番手追走から直線抜けだして圧勝という」
SS様 「これは安田を使って宝塚でデュラメンテとの対決が楽しみになってきたが」
まっく 「堀先生がどうするかでしょうね、それより本題へ」
SS様 「しかし、場内どころか淀駅の改札抜けたところから紫一色だったなあ」
まっく 「プリンスのフィルムコンサートでもするのかという感じでしたが、皇室の色ですから」
SS様 「キュアマジカルでも出てくるんじゃないかと」
まっく 「それ、府中の昼休みにやってました」
SS様 「さて、キタサンブラックから」
まっく 「最内枠から好スタートをきめたところで逃げることを決めたようです」
SS様 「あとは完全にペースを支配して、4コーナーへ、そして差し返しはすごかったなあ」
まっく 「一旦、首の差くらいつけられてるんですけど、こちらも宝塚が楽しみですね」
SS様 「で、13番人気をはね返したカレンミロティックだが」
まっく 「去年3着なんですけどね、8歳というので嫌われまくったのが理由でしょう」
SS様 「去年と同じようなレースしてるんだけどな」
まっく 「内枠から出て逃げ馬のすぐ後ろを走って4コーナーを回ったところでぬけだしてるのですが、あの差し返しは考えてなかったでしょう」
SS様 「3着にシュヴァルグラン」
まっく 「敗因は福永、以上」
SS様 「それで片付けるのはどうよ」
まっく 「猛烈に差してきても、前が止まらない以上どうしようもないですよ」
SS様 「4着にタンタアレグリア」
まっく 「上がり最速でも、シュヴァルグランよりもっと後ろからでは届かないですよ」
SS様 「5着にトーホウジャッカル」
まっく 「こちらはシュヴァルグランと同じ位置にいて、先に仕掛けたわけで、4コーナー回った時は夢を見ましたけど、ぼちぼち戻ってきてますねえ」
SS様 「あとは大敗した有力馬を、フェイムゲームは8着」
まっく 「タンタアレグリアより更に後ろでは」
SS様 「ゴールドアクターはなんと12着」
まっく 「厩舎サイドは外枠も敗因の一つと言ってますが、気負いすぎていたのほうが理由として大きいでしょう」
SS様 「サウンズオブアースは15着」
まっく 「デムーロだったらという声が場内で上がってましたが、去年も15着ですし、コース合わないんじゃないですか」

天皇賞(春)’16 展望

SS様 「つるべえでなくつるべや」
まっく 「しかもアクセントはつではなく、るにかかるんですけどね」
SS様 「鶴光師匠と同じでな」
まっく 「さて本題にゆくと、5頭までは絞れるんですけど」
SS様 「どれ?」
まっく 「キタサンブラック、シュヴァルグラン、トーホウジャッカル、サウンズオブアース、ゴールドアクターと」
SS様 「1着は内枠有利と言われてるからなあ」
まっく 「わたし、7枠15番で勝ってますけど」
SS様 「それにしても、9、16、17から勝ち馬が出てないってのがなあ」
まっく 「少頭数の年も結構あるのですが、9から出てないってのはねえ」
SS様 「ジャッカル消す?」
まっく 「消すならシュヴァルグランを」
SS様 「やっぱり福永?」
まっく 「それもありますけど、三冠を経由しなかった4歳馬ってこないんですよ」

皐月賞’16 展望

まっく 「言っちゃ悪いが、ノーザンファーム春季運動会って感じですわ」
SS様 「18頭中9頭がノーザンファームの生産だからなあ」
まっく 「社台も白老も1頭ずつしかいない有様で」
SS様 「しかもかち合わないように使い分けしてきてると」
まっく 「それでも三強対決と言われてるわけですけど」
SS様 「実際、この3年、3番人気以内が1、2着を占めてるわけだし、で、本命は」
まっく 「リオンディーズ」
SS様 「理由は?」
まっく 「キングカメハメハ産駒ということ」
SS様 「やはりディープインパクト産駒より有利か」
まっく 「長距離と中山は合わないんですよね」
SS様 「相手は?」
まっく 「残りのサトノダイヤモンドとマカヒキ、あとはロードクエストにマウントロブソン、あとはドリジャ二産駒のミライヘノツバサを」
SS様 「最後のは大穴だな」

桜花賞’16 展望

 べが 「桜花賞の焦点はメジャーエンブレムのプレップレースが実績のないクイーンカップてところかな」
ほべが 「一方、阪神1600の鬼、ディープインパクト産駒のほうがいいのか」
 べが 「されどメジャーエンブレムは阪神1600のG1を勝っていると」
ほべが 「実績か血統かってことね、ということはシンハライトってことね」
 べが 「あとはルメールのジュエラーね、他には?」
ほべが 「他がねえ・・・メジャーエンブレムが強いというよりも他が弱すぎるって感じ」
 べが 「メジャーエンブレムで大丈夫と思うよ」
ほべが 「どうして」
 べが 「ノーザンファームの生産だし」
ほべが 「相手は?」
 べが 「シンハライトとジュエラーの宝石コンビで」
ほべが 「3頭とも来なかったら大波乱でしょうね」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • メイちゃんの冒険 (04/19)
  • なんと、2020年までの下院を解散して、6月8日に総選挙を行うと英国のメイ首相は発表した。これでEU脱退に対して確たる支持を得てEU、というかドイツ、というかメルケ
  • 皐月賞’17 結果分析 (04/18)
  • SS様 「アルアインの勝因は?」まっく 「直前に芝を刈って短くしたこと(笑、実際は土曜夜に散水しなかったこともありそうですが)」SS様 「確かに、ディープインパ
  • 皐月賞’17 展望 (04/15)
  • SS様 「低レベルとか言われてる今年の3歳牡馬で、牝馬が距離を求めて食指をのばしてきたのだが、本命は」まっく 「スワーヴリチャード」SS様 「共同通信杯を勝った
  • 桜花賞`17 結果分析 (04/10)
  •  べが 「カワキタエンカが引っ張って、前半800mが46秒5」ほべが 「これは桜花賞ペースですね(笑)」 べが 「杉本清さんじゃないんだから」ほべが 「あの馬場
  • 日本には不利にはないらないのだろうが (04/09)
  • スーパーラグビーのチーム数が来シーズン(’17-’18)から2~3チーム削減されるそうだ。15チームからサンウルブスを含む18チームへ拡大したが、チームのレベル差
  • サンウルブス 今シーズン初勝利 (04/09)
  • 劇的なキックで2点差をひっくり返すとは思わなかった。
  • 桜花賞`17 展望 (04/08)
  •  べが 「ソウルスターリングが圧倒的人気を占めてるんだけど」ほべが 「実際は毎年恒例の社台ファーム対ノーザンファームの兄弟対決で4対7(サロニカが取り消したので
  • 大阪杯’17 結果分析 (04/03)
  • SS様 「サトノクラウンはいいとこなしの6着」まっく 「冬馬だとかいわれてますけれど、レースがチグハグでした」SS様 「キタサンブラックを追いかけてピタリと横に
  • 大阪杯’17 展望 (04/01)
  • SS様 「さあ、第1回なのか第61回なのか知らないが、G1になった大阪杯だ」まっく 「ということは、私のG1勝利数も5になると」SS様 「ならない、遡ることはしな
  • 高松宮記念’17 展望 (03/25)
  • SS様 「去年より更にわからないなあ、ドバイのほうが盛り上がってるし」まっく 「作者に至っては日経賞のミライヘノツバサの複勝を当てたので満足らしいし」SS様 「
ニー屋 腕時計 通販ショップ