高松宮記念’17 展望

SS様 「去年より更にわからないなあ、ドバイのほうが盛り上がってるし」
まっく 「作者に至っては日経賞のミライヘノツバサの複勝を当てたので満足らしいし」
SS様 「去年の皐月賞から妙な推しがあるし、さて宮杯の本命は」
まっく 「レッツゴードンキです」
SS様 「前走、桜花賞以来の勝利だったんだなあ」
まっく 「お母ちゃんがダート短距離馬だったことからすると、芝ダート兼用の短距離馬が完成形なのかもしれません」
SS様 「対抗は」
まっく 「セイウンコウセイ、変な切り方しないように」
SS様 「ウルトラマンコスモスじゃないんだから」
まっく 「1400もこなしてますし、鞍上が騎手免許返上ものの大やらかしをやって乗り替わりは致し方なしですし」
SS様 「三番手は」
まっく 「シュウジです」
SS様 「前走で大敗してるのだけど」
まっく 「その分評価が下がります」
SS様 「四番手は」
まっく 「メラグラーナです、心情的にはイマイチなんですけど」
SS様 「穴は」
まっく 「ワンスインザムーンです、滑り込めたのは幸運でしょうし、前哨戦の阪急杯を勝った同厩舎のトーキングドラムのほうが人気がないってのも何ですが」

フェブラリーステークス’17 結果分析

西べが 「コパノリッキーが逃げられなかったね」
東べが 「インカンテーションが飛ばし、その後ろにニシケンモノノフが続く展開で前半46秒2の芝レースかと思わせるハイペース」
西べが 「勝ったゴールドドリームは中団からうまく持ってきたという感じ」
東べが 「弔い合戦というよりも、前走惨敗でも府中1600は鬼だからねえ」
西べが 「ベストウォーリアが2着」
東べが 「来ると思ったんだけどねえ、安定はしてるけど・・・」
西べが 「カフジテイクが3着」
東べが 「津村騎手は後方へ下げすぎたと言ってるけど、この馬はこういうレースしかできないから」
西べが 「エイシンバッケンが4着」
東べが 「出走できるチャンスが回ってきたときは好走するものなのよ」
西べが 「ニシケンモノノフが5着」
東べが 「ハイペースで先行して掲示板に残ってるのだから、一番強いレースをしたのは彼かも
西べが 「ノンコノユメは7着」
東べが 「去勢から半年以上経って体は戻ってきたと思うけれど、心が抜けてしまったのでは」
西べが 「サウンドトゥルーは8着」
東べが 「前崩れでも位置取りが後過ぎたのか、ついてゆけなかったのか」
西べが 「モーニンは12着」
東べが 「何をやってもダメって感じ、早熟だったのでは」
西べが 「コパノリッキーは14着」
東べが 「惨敗することもままある馬だし、前崩れだったからね」



















フェブラリーステークス’17 展望

西べが 「事実上の今年の初ネタなんでしょ」
東べが 「下書き状態で放置してるらしいので」
西べが 「それよりどうして私が西べがなのよ」
東べが 「私と区別するためよ、関テレの馬場アナが西の一等星と実況したからでしょ」

西べが 「ゴールドアリュールが亡くなったわね」
東べが 「ほんの数日前に社台の種牡馬展示会に出ていたのに」
西べが 「14年前の勝者で、今回も産駒が2頭出走しているし」
東べが 「しかも両方共2枠って、届いた報せに黒い縁取りがありましたということ?」
西べが 「そこでちあきなおみ?枠順発表は17日だけど」
東べが 「ダート界のサンデーサイレンスって」
西べが 「名種牡馬だけど、それは呼ばれてない」
SS様 「そもそも俺の子だし、それを言うならダート界のディープインパクトだろ」
東べが 「産駒はほぼダートの鬼ばかり」
まっく「僕の血が入るとフーラブライドのような芝の中長距離馬も出たんだけどね」
西べが 「あの兄弟はデュランダル産駒のエーティータラントでも2400得意だし、冠婚葬祭馬券は来るの?」
東べが 「本命にはならないと」
西べが 「じゃあ、本命は」
東べが 「カフジテイク」
西べが 「1400までしか勝ってないけど」
東べが 「1800でもそれなりにもってこれたのだし、他の有力馬が不安で」
西べが 「有力馬の不安点は?色々あって2番人気のゴールドドリームは?」
東べが 「今回の件がなくても、デムーロ鞍上で人気背負うしけど、チャンピオンカップ惨敗が気になって」
西べが 「3番人気のモーニンは?」
東べが 「去年の勝者だけど、その後さっぱりで、同じオーナーのベストウォーリアのほうが」
西べが 「これが4番人気ですが」
東べが 「2着3着には来そうで」
西べが 「5番人気がノンコノユメ」
東べが 「玉取っちゃったのが去年の7月、半年休ませて年明けから使えばよかったのに、11月から3戦して体が戻ってないのでは」
西べが 「6番人気がコパノリッキー」
東べが 「あてにならないタイプ、来ればあっさり、今回は弔い合戦だし」
西べが 「7番人気がサウンドトゥルー」
東べが 「芝スタートがダメだけど、最内で芝を走る距離が最も短いので多少はマシでは、冬馬だから帝王賞とか使えないし」
西べが 「穴っぽいのは」
東べが 「エイシンバッケン、回避馬が出て出れたというのが幸運で、あとはニシケンモノノフ、何故かオープン特別ばかり使っていたので」

有馬記念’16 結果分析

SS様 「マルターズアポジーが予想通り逃げをかまして、その後ろにキタサンブラック、その後ろに内枠を利してゴールドアクターという序盤」
まっく 「サトノダイヤモンドが向こう正面で上がっていったのは、直線一気は効かないとルメールは思ってたということでしょう」
SS様 「4コーナーで前を交わすと思ったのだが、そこからキタサンブラックが更に伸びたし」
まっく 「坂の下では3着までと思いましたよ」
SS様 「そこから一気に伸びて交わせたのは?」
まっく 「斤量差ですね、後一週間で同一斤量になるのですから、1.75kgほどサトノダイヤモンドのほうが有利だったということです、有馬は3歳馬有利と言われる所以ですね、まして2ヶ月前の菊花賞を勝っていると言うとは、春の2冠よりも勢いがあるということです」
SS様 「キタサンブラックは?」
まっく 「逃げかまされて、サトノノブレスにも突かれたのに、2着ですからね、偉大ですね」
SS様 「それ、四半世紀前のお前じゃないか、自分偉いと言いたいのかい、自分で偉いなんて言ってるのは菅義偉くらいだぜ」
まっく 「逃げるは恥だが役に立つと思ったのですけれどね」
SS様 「ゴールドアクターは?」
まっく 「騎手の差とか言われてますけれど、完璧に乗ったと思いますよ、前門の虎、後門の狼を同時に相手する必要があったのですから」
SS様 「4着がヤマカツエース」
まっく 「2000mのG3専門とたかをくくってたのですが、金鯱賞の勢いがあったのでしょうか」
SS様 「ミッキークイーンが5着」
まっく 「サトノダイヤモンドが勝ったように、瞬発力勝負の馬が上位に来れるレースだったのでしょう、下位に沈んだ有力馬は不向きだったと、マリアライトのように」

有馬記念’16 展望

SS様 「♪鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が脱ぐ 鶴瓶が裸で走り出す~」
まっく 「いきものががりをそこまでいじらない、有馬記念の後それをやったら、翌日一般紙含めて全紙1面でしょう」
SS様 「それはともかく、今年の3歳馬って強いんだろうか」
まっく 「史上最強なんて端っから思ってませんし、マカヒキが強いのではなく、ノーザンファーム生産馬で固められてしまったのが実情でしょう、サトノダイヤモンドは普通に強いですが」
SS様 「本命?」
まっく 「オルフェーブルのように傑出して強ければ本命でしょうが、対抗まで、最内枠に強い先行馬がいますから」
SS様 「本命はキタサンブラックか、ノーザンファームがキタサンブラック包囲網を敷いてきているが」
まっく 「ムスカテールやサムソンズプライドはそうでしょうが、シュヴァルグランやミッキークイーンをすりつぶすわけにはいかないでしょう、3歳馬や香港組を回避させすぎましたね」
SS様 「マルターズアポジーは何が何でも逃げるだろうけど」
まっく 「つつきに来るノーザンの馬を先にいかせて4番手でもかまわないってところでしょうか」
SS様 「ツインターボの逃げに対して、末が甘くなってダイユウサクに差されたのもいたじゃないか」
まっく 「それでも2着は守ったでしょ(怒)」
SS様 「で、3番手は」
まっく 「サウンズオブアース」
SS様 「勝ちきれないけどなあ」
まっく 「4コーナーで先頭グループにいれば勝機ありです」
SS様 「4番手は」
まっく 「シュヴァルグラン」
SS様 「鞍上福永が割引?」
まっく 「というか、負傷明けですから」
SS様 「5番手は」
まっく 「ゴールドアクター、調子イマイチみたいなので」
SS様 「6番手は」
まっく 「マリアライト、スタミナ勝負の消耗戦になればいいのですが、6月の阪神のようなパワー勝負の馬場じゃないし、スタミナ勝負といっても、人気2頭は両方共菊花賞馬なんですよ、しかも大外枠だし」

チャンピオンズカップ’16 結果分析


SS様 「ハイペースの中、巧みに追い込んできたというイメージなんだけど、」
まっく 「確かに先行勢で残ったのはアスカノロマンだけですから」
SS様 「去年(ここできょえんと打ち間違えたら虚淵玄と出た、こんなの絶対おかしいよ)と違って、中盤だけ12秒を切ってるくらいなんだけど」
まっく 「最後方のサウンドトゥルーとカフジテイクが伸びてきてるわけですから前崩れなんでしょうよ」
SS様 「片や1着、片や4着、その差は?」
まっく 「大野騎手が馬群の切れ目を縫って上がっていったことでしょう」
SS様 「連勝の止まったアウォーディーは?」
まっく 「あそこまで完璧に乗って最後差されたらどうしようもないですね」
SS様 「ところで1着馬から4着馬の頭文字をアナグラムすると」
まっく 「ASKA、飛鳥涼馬券だったのか、アスカノロマンってのはASKAの妄想ということか」
SS様 「そうすると次週のジュブナイルフィリーズはソウルスターリングか」
まっく 「パククネ(ソウルの主役)ですか」

チャンピオンズカップ’16 展望

SS様 「今年も懲りずにうりほ~」
まっく 「日高のり子のファンにしかわからないネタを振っても」
SS様 「で、去年は本命にして2着だったけど今年はどうよ」
まっく 「今年は評価を下げて5番手くらいで」
SS様 「理由は?」
まっく 「6月末の帝王賞の後に玉取っちゃったので、調子戻すまでは半年くらいかかるだろうと」
SS様 「じゃあ、本命は?」
まっく 「前走4着以内、前走4番人気以内、4コーナーで8番手以内、外国産馬は来ないというくくりでみると」
SS様 「それ、どこで見た?」
まっく 「JRAのサイト」
SS様 「胴元のデータか、それで残ったのが」
まっく 「ゴールドドリームとノンコノユメ」
SS様 「ミルコだしなあ、でも武蔵野ステークス惜敗してるけど」
まっく 「その武蔵野ステークスを制したタガノトネール(最終追いきりで故障して予後不良)は残念なことになりました」
SS様 「ということで本命は」
まっく 「持ち出し外国産馬のアウォーディーで」
SS様 「対抗は」
まっく 「ゴールドドリーム」
SS様 「相手は」
まっく 「いきなり復活するコパノリッキー、外国産馬だけどアポロケンタッキー、それにノンコノユメで」

ジャパンカップ’16 結果分析

SS様 「うわぁ、後ろに何もさせねえや」
まっく 「キタサンブラックが逃げを打った段階で、だれも絡みに行かなかった段階で半ば勝負あったってところですし」
SS様 「吉田隼人が金縛りにあった感覚って言ってたくらいだし」
まっく 「人気の一角のゴールドアクターですらこれですからね、それでも4着になだれ込んでますし」
SS様 「四半世紀前の誰かさんも人気背負って4着だったし」
まっく 「あれは今回勝った鞍上が女性問題で悩んでたのが理由で、瞬発力がないとかということではなく」
SS様 「サウンズオブアースが3度めのG1で2着」
まっく 「G2も4回2着があるので合わせて7度目の2着」
SS様 「ミルコが乗って未勝利すら勝ってない(未勝利を勝ったのは弟のクリスチャン・デムーロ) ネオユニヴァース×デキシーランドバンド牝馬ですから距離は長ければ長いほどのタイプのはずなんだけど、春天2年続けて惨敗してるのがねえ」
まっく 「というか、 秋天出てないからわからないけど、57kg超えると斤量泣きするんじゃないでしょうか? ステイヤーズステークス使ってみたらどうだったんだろうね、あれなら56kgだし」
SS様 「シュヴァルグランが3着」
まっく 「不利な外枠と言われてましたが、外からきっちりと伸びてきてます、まだG1では3着止まりですけど」
SS様 「リアルスティールは5着」
まっく 「 やっぱり距離の限界だったんですかね、来年も現役でしょうから、香港カップへ行ったほうがよさそうです」
SS様 「レインボーラインが6着」
まっく 「3歳再先着はこの馬、後方ぶんまわしではこの展開では辛いところです、まくりをうてなきゃ」
SS様 「イキートスが7着、外国馬では最先着」
まっく 「シアトルスルーでないボールドルーラー系の母系にサドラーズウェルズ系という配合は一番不要と思ってたんですが、勝てはしなくとも、2~3着はあるんじゃないかと見せ場十分まで持ってくるのがドイツの恐ろしいところですわ」
SS様 「他の2頭は去年より順位を下げてるんだけど」
まっく 「不利があったとかなんとか去年いわれてましたが、力負けでしたね」
SS様 「ディーマジェスティの13着ってのはどうよ」
まっく 「史上最強世代とか言われてますけど、決してこの世代の牡馬は強くないと思うのですけれど 」

 
 
 
 

 

 
 
 

ジャパンカップ’16 展望

SS様 「去年の6着馬と11着馬、それにもう一頭来てるんだけど」
まっく 「いらないでしょう」
SS様 「吉田照哉さんが、春天を2400にして招待レースにしたらと言ってたらしいけど」
まっく 「そこにしたって海外の馬、来ないでしょう、今は香港のついでで来てくれるのですから」
SS様 「で、本命は」
まっく 「リアルスティール」
SS様 「ムーアだから?」
まっく 「この馬、菊花賞2着ですよ、距離は保つんですよ、こっちがシーマに行って、デュラメンテがドバイターフに回ればよかったのに、おまけにディープインパクト産駒ですから東京向きだと」
SS様 「人気2頭は?」
まっく 「キタサンブラックの唯一の弱みは東京実績がないってことでしょうが、前へ行く馬がいないのでなんとか豊さんが残す手立てを考えるのではないでしょうか、これが三番手単穴評価」
SS様 「ゴールドアクターは?こっちはアルゼンチン共和国杯を勝ってるけど」
まっく 「前走がオールカマーだというのが不安視されてますが、あえて使い詰めを避けているだけでは、こっちが対抗で」
SS様 「穴というか連下は?」
まっく 「3歳代表のディーマジェスティ、永遠の2着馬サウンズオブアース、上り馬トーセンバジルで」

マイルチャンピオンシップ’16 結果分析

SS様 「ここでG1レース1位入線降着クラブの会長に一言」
まっく 「うるさいわい、でも、まあ、直線半ばまでの浜中騎手は見事な逃げでした、イスラボニータが内へ切れ込もうとしていたし、正面で見ると切れ込んでいるけど、横から見ると、順位の逆転はないかなと見えちゃうんですよね」
SS様 「ネオリアリズムはノーザンの生産馬だから無理に押さえ込む必要はないけど、イスラボニータは白老の生産でも社台の所有だし」
まっく 「ダノンシャークが突き抜けたら凄いことになってたでしょう」
SS様 「一昨年勝ってるとはいえ、8歳馬だからなあ、勝てばびっくりだよ(24日追記、故郷の下河辺牧場で種牡馬入りすることになりました)」
まっく 「ディサイファが被害を受けたのでしょうが、突き抜けてたとも思えないのですよ」

マイルチャンピオンシップ’16 展望

まっく 「さあ、群雄割拠というか、ドングリーズ勢揃いのマイル路線です」
SS様 「モーリスが直接香港に行くからなあ」
まっく 「買うのならBOXだと思うのですが」
SS様 「でも有力なのは」
まっく 「5歳以下にしぼってサトノアラジン、ロードクエスト、ヤングマンパワー、マジックタイム、ネオリアリズム」
SS様 「どれも甲乙つけがたいってことか」

エリザベス女王杯’16 展望

 べが 「おめでとう、カシノピカチュウは準オープンにしんかした」
ほべが 「いや、4歳春まではオープンにいたから一旦退化したのでは」
 べが 「大体、新馬以来の勝利でしょう」
ほべが 「しかも、芝初勝利」
 べが 「土曜日の10レースだからテレビ東京も満足」
ほべが 「ピカチュウだけに」
 べが 「キャラの名前といえばテイエムプリキュア」
ほべが 「2009年の行った行ったの逃げ切り」
 べが 「その時の勝ち馬が小島茂之厩舎のクイーンスプマンテ」
ほべが 「あとはダート馬使うなと物議をかもした秋華賞のプロヴィナージュ」
 べが 「その後芝の重賞で2着3回とどちらでも走れることを実証してたんだけど」
ほべが 「そしてその時の勝ち馬ブラックエンブレム」
 べが 「今じゃブライトエンブレムやアストラエンブレムのお母ちゃんのほうが有名だけどね」
ほべが 「ここまで長々引っ張って、同じ厩舎、同じオーナーのプロレタリアト」
 べが 「いくらハーツクライ×キングカメハメハでハートのキングって、トランプが勝ってもここまで人気がなければねえ、メイショウマンボより人気ないよ」
ほべが 「あっちはムーアが乗っても・・・」
 べが 「おまけにおばあちゃんがブロードアピールだよ、」
ほべが 「プロレタリアトがアピールしたのが今回の大統領選挙」
 べが 「サインでもミエミエでしょう、ぶっちゃけ本命は」
ほべが 「そりゃあ、マリアライト、ディープインパクト産駒でノーザンファーム生産という王道から予想してもこうなるんですから」
 べが 「内枠に人気馬が集まってるけど・・・」
ほべが 「ミッキークイーンは半年ぶりだし、クイーンズリングは今年に入ってから1800mまでしか経験してないし」
 べが 「マンハッタンカフェ産駒だけど」
ほべが 「トランプタワーはクイーンズ区ではないのよ」
 べが 「では、2着候補は今の2頭として3着の穴は?」
ほべが 「ヒルノマテーラ、プロレタリアト、シュンドルボン、アスカビレンくらいで」

天皇賞(秋)’16 結果分析

SS様 「♪人生はめぐりめぐり~ 立ち止~まろうとは しない~」
まっく 「堀内孝雄です、僕のギター、もちろん、モーリスギター  ってこのネタ前にやったでしょ」
SS様 「にしても、強かったなあ、なんで予想から外したんだよ」
まっく 「単に1番人気、2番人気、3番人気と並べるのがアホらしいのと、乗り替わりは切れということで」
SS様 「ノーザンファームがムーア乗せたいのと、日本人乗せる気がないので、乗り替わりが頻繁に発生するからなあ」
まっく 「おまけに、種牡馬入りしても、つけられる牝馬少ないですから」
SS様 「産駒段階だと、俺で4代目だからインブリードかかっても気にはならないレベルだろうけどなあ」
まっく 「自分とこのデュラメンテとは違うんですよ」
SS様 「距離の方は?」
まっく 「何の心配もする必要ないでしょ、メジロの牝系なんだから、アメリカの1800~2000を総なめにしてほしかったですね、もとがロベルト系だけに」
SS様 「リアルスティールが2着」
まっく 「祐一だから勝てないのじゃなく、誰が乗っても惜しいレースしかできない、何かあれば1着街道疾走できるのでしょうけれど」
SS様 「2着6回の君が言うと説得力無いけどな、3着がステファノス」
まっく 「去年2着ですし、何が足らないのでしょうかねえ」
SS様 「ルージュバックは7着」
まっく 「前半1000mが60秒8、ヨーイドンになって後方からだと辛いです」
SS様 「エイシンヒカリは12着」
まっく 「スローで逃げたのですが、4コーナーで勝負あったと、内が荒れてたのと、東京が合わないのかもしれません」

天皇賞(秋)’16 展望

SS様 「バースかっとばせバース、ライトにレフトにホームラン」
まっく 「懐かしいの歌うから、投手のバースがタイムリー打ったじゃないですか」
SS様 「ファイターズ日本一か、本題へ行こう」
まっく 「毎日王冠か、間隔を開けるかなんですよね」
SS様 「これに乗り替わりが無い馬を選ぶと」
まっく 「エイシンヒカリとルージュバックってことになりますが」
SS様 「牝馬の勝率がいいからルージュバック、ついに初G1ってことか」
まっく 「牝馬の勝率が高いのは確勝を期していないクラスは女王杯に行くからでは」
SS様 「ということは、勝ちに来ていると」
まっく 「だからあえてエイシンヒカリ、間隔を開けたほうがいいんですよ」
SS様 「最内だし、逃げるしか無いか」
まっく 「それに忘れ物を取りに行かなきゃ」
SS様 「?」
まっく 「1枠1番、鞍上武豊の逃げ馬といえば、ね」

菊花賞’16 結果分析

SS様 「結局、サトノダイヤモンドの勝因は何だろうなあ?」
まっく 「去年、ブラックタイド産駒が勝ってるので、あれだけ産駒数が多ければいつかは勝利するってことでしょう」
SS様 「あとは、母の父がオーペンってことか」
まっく 「ルアー産駒で、2歳夏の1200しか勝ってないので早熟のスプリンターと思われてんでしょう、ところがマルペンサは1800や2000のG1を勝ってるのですよ」
SS様 「池江先生もこの距離は長すぎ、次は香港カップかもって言ってたからね」
まっく 「絶対能力で勝ったということでしょうね(他が弱かった)」
SS様 「レインボーラインが穴をあけたわけだが」
まっく 「ここ数年の上位馬は2200m以上の距離を使ってきた馬ばかりだったですが、2006年までは神戸新聞杯が2000mだったこともあって、札幌記念から使ってくるというパターンがありましたし、そこでモーリスに食い下がり、ヌーヴォレコルトに先着したわけですが」
SS様 「3着がエアスピネル」
まっく 「引っかかった引っかかったと言われてますけれど、内へ潜り込んで最短距離でなんとかしようとしたさすが豊さんですわ、これを内枠の馬がやらないといけなかったのですが」
SS様 「ディーマジェスティが4着」
まっく 「典型的両雄並び立たずでした、スタミナはこっちのほうがあるはずなんですが、初の上洛が堪えたのやら」
SS様 「ミッキーロケットは5着」
まっく 「キングカメハメハ産駒だけに届かなかったのでは」
SS様 「シュペルミエールは6着、カフジプリンスは8着」
まっく 「内枠だけにパックされる危険性もあれど、内へ入っておかないと、大外ぶんまわしではサトノダイヤモンドに勝てないでしょうに」
SS様 「レッドエルディストは9着」
まっく 「加速力がないという、ロブロイ産駒には結構ジリっぽいのが多いですね」


菊花賞’16 展望

SS様 「予想通り、大阪杯がG1昇格することになったが」
まっく 「これでG1勝利数が1つ増えると」
SS様 「過去に遡るってことはない、ステイゴールドのドバイシーマは翌年からの昇格だから申請しようとすればできたけど」
まっく 「24年も経っていればダメか」

SS様 「さて、マカヒキがいなくとも出走馬の半数がノーザンファーム生産という」
まっく 「社台と白老が2頭ずついるから合計13頭、7割以上」
SS様 「で、ディープインパクト産駒もキングカメハメハ産駒も2600m超えるとまだ勝っていないのだが」
まっく 「全兄のブラックタイド産駒が去年勝ちましたし、2着3着は山ほどあるのですが」
SS様 「キングカメハメハ産駒のほうはスタミナ勝負になると辛いだろうなあ」
まっく 「上がり600m最速でないと勝ちきれないのですが、4コーナー最後方では勝てないのですよ」
SS様 「本来は先行馬なんだけど、エアスピネルの神戸新聞杯の位置取りでは難しいなあ」
まっく 「ましてや7枠となると、来たらごめんなさい、豊マジックと言うやつです」
SS様 「人気のディープ産駒は斬り捨てるの?」
まっく 「流石に馬群に沈むというのは考えづらいです、2着3着という可能性は高いのでは」
SS様 「ある意味、軸ということか、では、勝つかもしれない相手は?」
まっく 「前走、4コーナー後方にいた馬、乗り替わりの馬、前走惨敗の馬を消してゆくと、残ったのがカフジプリンス(これも神戸新聞杯4着なので微妙)、プロティガルサン(去年の2着馬の全弟だけど外枠)だけ」
SS様 「もう少し枠に余裕をもたせたら?」
まっく 「シュペルミエール、後方からだけれどレッドエルディスト、キングカメハメハ産駒だけどミッキーロケット」
SS様 「まとめると」
まっく 「軸がディーマジェスティとサトノダイヤモンド、相手がカフジプリンス、シュペルミエール、レッドエルディスト、プロティガルサン、倍率次第でミッキーロケット、馬連でもワイドでもお好きに」

追記
SS様 「プロティガルサンって、輸送に弱いらしいよ、関東馬で初上洛だし」
まっく 「先週、ビッシュがああいう結果になったし、あれは牝馬だけと見切って無視できるかな?評価を下げたほうがいいのかも」

秋華賞’16  展望

 べが 「さあ、淀にG1が戻ってきました」
ほべが 「淀殿をなんとかしないとねえ」
 べが 「真田丸の話はここでしない」
ほべが 「シンハライトが故障したので何が来るかわからないようになったね」
 べが 「彼女が無事なら相手探しだっただけでは」
ほべが 「じゃあ、本命はビッシュ?」
 べが 「レースレベルが上がったとは言え、紫苑ステークス組は割り引いて考えたいし、関西遠征したことすら無い馬がここ10年は馬券に絡んでないのよ、BOXの対象だけど」
ほべが 「ヴィブロスは?」
 べが 「わざわざ関西馬が紫苑ステークス使ってどうするんだろうかって感じ、関東馬がダービートライアルに京都新聞杯使うようなものでしょう、これもBOXの対象だけど」
ほべが 「パールコードは」
 べが 「紫苑ステークスで不利があったけど、これも上京したのが?」
ほべが 「ジュエラーは?」
 べが 「ローズステークスが惨敗だったとは言え、重馬場だから一変ということもあるし、ミルコ鞍上だから、来ればあっさり、来なけりゃ惨敗と」
ほべが 「レッドアヴァンセは」
 べが 「エリモピクシーの一族ってG1で勝ちきれないし、1600m向きじゃないの?」
ほべが 「穴は?」
 べが 「ミエノサクシード」
ほべが 「菊花賞ではよくある9月阪神の1000万条件戦を勝ち上がっての本番好走パターン、旦那のサトノダイヤモンドより先に勝ってしまうかも」
 べが 「あとは、ダンスパートナーちゃんが亡くなったでしょう」
ほべが 「彼女の産駒は出てないでしょう、あ、全妹(ダンスインザムード)の娘のカイザーバル」
 べが 「エンパイアメーカーがどうかと思うけど、フェデラリストのと同じ配合だし」
ほべが 「ということは、ビッシュ、ヴィブロス、ジュエラー相互とそこから薄めにミエノサクシード、カイザーバルへ」

more...

競馬雑談(その101)

SS様 「大阪杯のG1格上げの件から」
まっく 「先月末のサンケイスポーツに掲載された記事ですね」
SS様 「産経の名前を外すことへの詫び掲載とか言われてるなあ」
まっく 「マイルカップとかフューチュリティステークスとか、マスコミ企業の名前の付いたG1レースはありますし、海外だってレーシングポストトロフィーなんてありますけれどね」
SS様 「で、かねてから大阪杯格上げに反対の水上学氏は始動が早くなって真冬からレースすることになると批判しているけど」
まっく 「大阪城ステークスあたりに重賞を回してくるか中山記念から始動するから、そう早くからってことは無さそうと思うんですけれどね」
SS様 「AJCCから使い詰めで一度休ませてから宝塚記念~札幌記念~天皇賞という路線もあるだろうし」
まっく 「それよりも同じ時期にドバイターフ、クイーンエリザベス二世カップがあるから、そっちへ行ってしまう可能性もあるでしょうよ」
SS様 「そこで野元賢一氏が主張するのが12月28日開催に大阪杯を回すという憶測」
まっく 「有馬の後に開催するとか、平日開催してどうするんだってことでしょうけど」
SS様 「長距離嫌いのあのひとだから、4月においても12月においても春の路線がおかしいのは変わらないから天皇賞を短縮しろって持論だろ」
まっく 「まあ、あの人の血液は青いでしょうから」
SS様 「地球人じゃねえと言いたいのか」
まっく 「長距離が衰退してるって1970年代からずっと言われてる意見ですし、マカヒキの凱旋門賞惨敗の一因にスタミナ不足ってのがあるのに、大体メルボルンカップはどうなんですかね」

SS様 「で、9月分の重賞勝ち馬についてはどうするんだ」
まっく 「それは後日書き足しで」

競馬雑談(その99)  凱旋門賞展望 

SS様 「ノーザンファームの何が何でも凱旋門賞ってのもね」
まっく 「ダービー勝ったら即、凱旋門賞ってのが」
SS様 「菊花賞の価値が下がるってか」
まっく 「元々イギリス馬をセントレジャーよりこちらへ来させようって魂胆だし、ロワイヤルオーク賞はこのレースのために価値が下がって古馬混合になったんだから」
SS様 「で、勝てるのかね、マカヒキは」
まっく 「勝てるかもしれない、無様な負け方(一昨年のゴールドシップのような、あれはやる気を無くしてたけど)は無いでしょう」
SS様 「でも勝つのは別の馬だと、ポストポンドかい」
まっく 「デュラメンテに勝ったくらいでは決して強いとも言い難いので」
SS様 「じゃあ、何?」
まっく 「ファウンド」
SS様 「連続2着なのに?」
まっく 「トレヴとかソレミアのイメージがない?」
SS様 「オルフェーヴルが負けたときを想像してるな」
まっく 「そいつが一番怖いんだよ」

スプリンターズステークス’16 展望(仮)

SS様 「で、本命は?」
まっく 「ここはBOXで」
SS様 「候補は?」
まっく 「ビッグミリオンアーサー、ダンスディレクター、レッツゴードンキ、ネロ」
SS様 「内枠の3歳馬総切り捨てか?」
まっく 「それと、短距離だと信用がないディープインパクト産駒と中山1200でイマイチなバクシンオー産駒も評価を下げると、ビッグアーサーが抜けた本命でない理由です、ウリウリも弟がシャンティーを走るのに呼応したら面白いのですが」
SS様 「心情的な本命は」
まっく 「ネロ」
SS様 「そうくるか、この中では一番人気無いしな」
まっく 「あとは一族にニシノフラワーがいますし」
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
電力使用状況&電気予報
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
記事ナビ
  • さすがに相手の手の内で踊らされたか (07/03)
  • 高校一年生で四段になったものの、ここ数年精彩を欠き、最年少プロも増田四段、さらに藤井四段へと奪われていた佐々木五段。先手佐々木が相掛かり模様から玉を6八に、後手
  • プロ入りから29連勝というのは凄いのだけど (06/27)
  • 角換わり模様から、後手の増田が角交換を拒否して雁木に組むが居玉のまま、それどころか右の銀も右の桂馬も動かない、先手藤井は玉を一路動かしただけで3五歩と突っかかっ
  • チャタリングネイビー (06/26)
  • やえもん先生の初期の作品(「雲の墓標」だったか)に、自分達の戦果を喧伝するさまを表して、あれじゃサイレントネービーでなくチャタリングネイビーだと皮肉る箇所がある
  • 宝塚記念’17 結果分析 (06/26)
  • SS様 「デムーロの勝利騎手インタビューの時、場内白けきってたなあ」まっく 「拍手すら起こらなかったと、ファンも来てるし、サトノクラウンの単勝買ってた人もいたは
  • 宝塚記念’17 展望 (06/24)
  • 20本以上書いているのですが、パソコンがハングしたり、一度故障して故障したままで使っているので、アップできておりません。結果の解っているもの(選挙の予測とかも)
  • 都合の悪いことは口封じしたいんだ (06/23)
  • サウジアラビアなど4箇国が国交回復のためにカタールに突きつけた条件の中に、アル・ジャジーラの廃局というのがある。向こうも一緒なんだ、自分達に都合の悪い真実を流さ
  • ついにタイ記録の28連勝 (06/22)
  • 神谷五段(当時)の記録なんて、凄いメンバー相手に勝っているわけじゃないし、これに並んだと言ってもなあと思っていても、これがデビューからの28連勝となると、驚くし
  • 安田記念’17 結果分析 (06/04)
  • SS様 「まさかのアラジン大開放」まっく 「前哨戦も負けてたし、もういいかなと考えてました、血統的にはラキシスの全弟ですから、いつかどこかで勝つかもしれなかった
  • 安田記念’17 展望 (06/03)
  • SS様 「短距離路線組だけじゃなく、大阪杯でキタサンブラックに破れた組がみんなここへ来たな」まっく 「例年ならあそこから天皇賞に行くのもいるのですが、長距離路線
  • ああ、遂にやっちまいやがったあの馬鹿 (06/02)
  • 娘のイヴァンカさんや、ティラーソン国務長官(石油企業エクソン・モービルのトップだった人だ)らの反対を押し切り、トランプ大統領は気候変動に対するパリ協定から脱退を
ニー屋 腕時計 通販ショップ